計画性が問われるキャッシング

顔を触って美容にマイナスな悩み

美しい肌を保つには、健康な角層が必要です。角層がはがれるとバリア機能が壊れて外部刺激に敏感になり、炎症を起こしてコラーゲンが切断され、シワやたるみができます。肌内部の水分が蒸発しやすい状態なので、乾燥肌にもなります。乾燥するとターンオーバーが乱れて角質が厚くなり、毛穴がふさがれてニキビができたり、くすんだ肌になります。緊急を要する場合はヘアマスクへご利用下さい。

 

角層を壊す原因の一つが摩擦です。私には顔を触るクセがあります。顔を触ると摩擦が生まれて角層がダメージを受けてバリア機能が壊れてしまいます。
顔を頻繁に触るせいか、よく触っている部分にニキビができることがあります。しばらく触らないように気をつけていると治ります。バリア機能が壊れて乾燥しやすいので、肌がカサカサです。不確かな点がありましたらヘアマスクへご一報を下さい。

 

触らないように気をつけているのですが、無意識のうちに触っていることがあります。美容のためと思っても難しいです。手が空いていると触ってしまうので、手が空かないように何か持ったりして触らない工夫をしています。
顔を触らなくなったら、肌トラブルも減少すると思います。